読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

One home run

映画、音楽などについて書いていきます。備忘録。

「母よ、」ナンニ・モレッティ

youtu.be

女性映画監督のマルゲリータはアメリカ人俳優を迎え社会派映画を製作中だが衝突が絶えず上手くいかない。さらに別れた夫との間に生まれた娘との問題や恋人との別れなど困難を抱えていた。そんな中、入院中の母親が余命いくばくも無いと宣告されるが…

とても繊細で優しい映画だった。主人公のマルゲリータは一本筋が通っていて真面目な女性なのだけど、悪い意味での真面目さ、気性の荒さから周りを苦しめ、傷つけてしまっている。その事に少しづつ気づきながら、周りを認め受け入れながら成長していく話と平行しつつ、母親との関係が描かれる。

映画の中でマルゲリータは社会派映画の監督をしていて、その中で何度も役になりきるな、「キャラクターの隣にいる役者を見たい」んだ、という事を役者に指示するのだけど、その「役の隣に寄り添う」と言う事は、実はマルゲリータ自身も気づかねばならない事。娘として、母親として、妹として、恋人として、映画監督として、それぞれの役割を夢中でこなそうとしていると見えなくなるものがある。少しその役割から距離を置き、自分を、周りを見つめる事も重要なのだ。(そういえば、モレッティ監督自身の投影とも言える主人公の、兄の役をモレッティ監督が演じている=彼もまた自分自身の隣に寄り添っている。)

「時には自分を解放して軽快になれないのか?」とマルゲリータに兄が諭すシーン、あれはモレッティ監督が自分自身に問いかけているのだろう。

また、映画撮影中の運転シーン、食堂でのシーンも面白いし、マルゲリータの心象風景とも言えるような床に水があふれるシーン、トイレに母親を起こそうとするが…と言うシーンなど心に残るシーンがたくさんあった。そしてあの忘れがたい最後の台詞。今年一番のラストショットかも。

人生で困難がいくつも重なって、このずっと続いていくような暗闇はいつになったら晴れるんだろう?と感じる時期って誰でもあると思うけど、そんな時期を経験した人、またそのまっただ中にいる人に見て欲しい人生讃歌。