読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

One home run

映画、音楽などについて書いていきます。備忘録。

「えんとつ町のプペル」にしのあきひろ

★5

 

えんとつ町のプペル

えんとつ町のプペル

 

はじめに言っておくと、 煽りでもなんでもなく私はキングコング西野が好きです。

素直に応援してる。

ツッコミ全盛の時代であくまで「ボケ側の人間」として戦って時代の流れを変えようとしてるところは素直に共感するし頑張って欲しいと思っています。

大御所には媚びうって、弱いものには悪態ついて私とがってますよ、みたいなツラしてる某人気芸人より100倍好き。

 

 

というわけで、今回気になっていた「えんとつ町のプペル」を買ってみました。

※なるべくぼやかしますがネタバレしてます。

 

正直な感想を言うと、あまり面白いとは思えなかった。

おそらく自分の置かれた状況も投影してるであろう物語なんだけど、

 

ストーリー、世界観もどこかで見た事のありそうな感じで、独創的とは思えない。

絵は奇麗だけどそもそも分業制だから西野が描いてる訳じゃないし…

 

構成も上手くない。

ペンダントの在処に気づくくだりも何かのきっかけで気づくんじゃなくて

自分で突然気づくの?とか、

悪役の描写は薄いのに、いちいちしつこく言葉で説明しなくても分かるよ、ってことを無駄にくどくど説明してたり…(例えば終盤、「鼻をこする」ページで普通の読者なら全部意味が分かるのに、後の2ページで余計な説明をしつこくしてる)

 

あまり物語を作るのが上手い人ではないと感じた。

これから絵本や本を死ぬほど読むとかしないと厳しいと思う。

 

ていうか本人にあってる表現形式が絵本じゃない気がする

youtubeで上がってる弾き語りみたいに曲は作れるっぽいから、

演奏を練習してCDアルバム+絵と簡単なストーリー、みたいなやつの方が

まだ良い気がする。

ミュージシャンをちゃんと選ばないと微妙な事になってしまうけど…

 

というわけで、キングコング西野を本当に応援してる1個人の、

個人的な意見でした。

本人がもしこれ見たら、素人が偉そうに!クソが!ってなるのかな…

 

 

 

 

 

「洗濯物をとりこまなくちゃ」シャムキャッツ

★8 音楽

youtu.be

「アイアムアヒーロー」佐藤信介

★7 映画

youtu.be

DVDで見ました。普通に面白かったです! 

正直佐藤監督にあまり良いイメージがなかったのですが、謝りたいです笑

 

私は良い評判を聞いてから見たので普通に面白いな〜くらいでしたが、
評判を知らず、期待せずに劇場で見た人はかなり楽しめたのでは?と思いました。

 

細かい気になるところはあるけど、全体としては作り手の気概が感じられて好感を持てました。

脚本は原作に極力忠実でありつつ、適切に取捨選択してる感じが良かった。

すごく怖い!とまでは思わなかったけど、かなりグロ描写も頑張ってた気がします。

 

個人的に「エンターテイメント」って言葉が安易に使われるのは言い訳みたいで嫌だけど、
この映画はグロもキチンとやりつつ適度な軽さもあり、まさしく「エンターテイメント」としてしっかり成立してるなと思いました。

 

キャストは大泉洋がハマってた。ラーメンズ片桐はコロリそのものだった笑

「ぼくとアールと彼女のさよなら」アルフォンソ・ゴメス=レホン

★7 映画

youtu.

※この映画と、小説「煙か土か食い物」のネタバレも一部含みます。



人と関わる事を拒み無難に生きようとする高校生グレッグと友人のアール、白血病におかされたレイチェルの交流を描く。



誰かが生きていたと言う事はそれだけで価値がある事なのかもしれないし、無い事なのかもしれない。

誰かが死んだ時、その人生をどう受け取るかは自分次第だ。

私は、価値があるものだと思いたい。



この物語の良い所は多くの人が指摘するように、いわゆる難病ものなのだけど語り方が良い意味で少しドライで、変に泣かせようとしていない所。

肝心な言葉を面と向かって台詞で語らせずに、終盤のある展開で自然に描いている所も良かった。




そして、舞城王太郎の「煙か土か食い物」のこの一節を思い出した。


「生きてても虚しいわ。どんな偉いもんになってもどんなたくさんお金儲けても、人間死んだら煙か土か食い物や。」


「ねぇ、奈津川さん 人間は死んだら誰かの思い出になるのよ。

人間は死んでからも、生きていた証をいろんな形で必ず残すのよ」



人は死んだら、誰かの思い出になる。私たちは、思い出に背中を押されながら日々を生きている。

人の思いは本来見えないものだけど、この映画ではそれが上手く視覚化されているように思った。


「母よ、」ナンニ・モレッティ

★9 映画

youtu.be

女性映画監督のマルゲリータはアメリカ人俳優を迎え社会派映画を製作中だが衝突が絶えず上手くいかない。さらに別れた夫との間に生まれた娘との問題や恋人との別れなど困難を抱えていた。そんな中、入院中の母親が余命いくばくも無いと宣告されるが…

とても繊細で優しい映画だった。主人公のマルゲリータは一本筋が通っていて真面目な女性なのだけど、悪い意味での真面目さ、気性の荒さから周りを苦しめ、傷つけてしまっている。その事に少しづつ気づきながら、周りを認め受け入れながら成長していく話と平行しつつ、母親との関係が描かれる。

映画の中でマルゲリータは社会派映画の監督をしていて、その中で何度も役になりきるな、「キャラクターの隣にいる役者を見たい」んだ、という事を役者に指示するのだけど、その「役の隣に寄り添う」と言う事は、実はマルゲリータ自身も気づかねばならない事。娘として、母親として、妹として、恋人として、映画監督として、それぞれの役割を夢中でこなそうとしていると見えなくなるものがある。少しその役割から距離を置き、自分を、周りを見つめる事も重要なのだ。(そういえば、モレッティ監督自身の投影とも言える主人公の、兄の役をモレッティ監督が演じている=彼もまた自分自身の隣に寄り添っている。)

「時には自分を解放して軽快になれないのか?」とマルゲリータに兄が諭すシーン、あれはモレッティ監督が自分自身に問いかけているのだろう。

また、映画撮影中の運転シーン、食堂でのシーンも面白いし、マルゲリータの心象風景とも言えるような床に水があふれるシーン、トイレに母親を起こそうとするが…と言うシーンなど心に残るシーンがたくさんあった。そしてあの忘れがたい最後の台詞。今年一番のラストショットかも。

人生で困難がいくつも重なって、このずっと続いていくような暗闇はいつになったら晴れるんだろう?と感じる時期って誰でもあると思うけど、そんな時期を経験した人、またそのまっただ中にいる人に見て欲しい人生讃歌。

「瀬戸弘司結婚と最近見てるyoutube」

備忘録

youtu.be

瀬戸弘司結婚おめでとう!

4年くらい前から動画見てた。

しずえさんとお似合いだから、他人なのになぜか嬉しい。

みんなから祝福されてて、愛されてますね。

式の動画とかもみたいです。

 

最近注目してるyoutuberは、「leo the football」っていうサッカー関係のチャンネルです。「帰宅サッカー部」っていうラジオ動画が面白い。

 

youtu.be

「You've got it」Diners

音楽 ★8

https://play.spotify.com/track/074qHL34iMr7C9YsPnPXoG

 

Spotifyでかなり音楽との出会いがある。

自分は事前登録してたおかげで招待コードもらえたけど、

homecomingsのHPでコードもらえるらしい!